データ作成の注意点

データ作成の注意点対応アプリケーション紙についてWEB入稿について

色について

 
  • 印刷データは CMYKで作成してください。
  • RGBカラーでは作成しないでください。
  • 「特色(DIC等)」を使用した場合はデータ外でDIC番号をご指定ください。
  • 特色(カスタムカラー)はグラデーション、ブレンドを使っているときは、使用できかねます。

トンボ(トリムマーク)と塗り足しについて

 
  • 印刷データには「トンボ(トリムマーク)」を必ずつけてください。
  • 「塗りたし」は仕上がりサイズよりも3mm程度はみ出すようにデータを作成してください。
  • 文字切れを防ぐために 文字は仕上がりサイズの1m内側に配置してください。

 メール入稿、ウェブ入稿

「メール入稿、ウェブ入稿」をする場合は必ずzip形式もしくは、sit形式で圧縮してください。

エンボス加工の注意点

エンボス加工とは凸型の版と凹型の版の間に用紙を挟んでプレスすることで、用紙に凹凸をつける加工のことです。

入稿用のトンボを付けたデザインデータを作成します。

※書体はアウトライン化して下さい。

このファイルを別名で保存し、デザインデータと箔押しデータの2種類同じ書類を用意します。

※データを開かなくても内容がわかるように区別がつきやすいファイル名にして下さい。
※ファイル名は小文字英数、拡張子付きにして下さい。

デザインデータの方はエンボス部分をガイドライン化、エンボスデータの方はトンボとエンボス部分以外全て削除します。

※書体はアウトライン化して下さい。

デザインデータエンボスデータ

出力見本(プリントアウトしたものとPDFあるいはJPEGでの完成イメージファイル)と一緒に入稿して下さい

※凹か凸を一緒にご指示下さい。

用紙に凹凸がつく為、その他の加工はできません。また、加工後に裏面印刷もできません。
あまりにも細かい図形だと凹凸の差が出ない事があります。

型抜き加工の注意点

型抜き加工とは金属製の刃によって紙を打ち抜く加工のことです。断裁と違い、円形や多角形、キャラクターの形などの変形で仕上げることができます。

入稿用のトンボを付けたデザインデータを作成します。※書体はアウトライン化して下さい。

 
デザインデータ

デザイン部分と型抜きデータを同じファイルの中でレイヤー分けします。

※書体はアウトライン化して下さい。
※レイヤーは区別しやすい分かりやすい名前・色にして下さい。
※型抜きデータはガイドライン化して下さい。

   
デザインデータ型抜きレイヤー

出力見本(プリントアウトしたものとPDFあるいはJPEGでの完成イメージファイル)と一緒に入稿して下さい。

印刷程精度は高くないので1~2mm程ずれることを考慮して下さい。
あまりにも細かい図形だと金属の刃が作成できない事があります。

箔押し加工の注意点

箔押し加工とは金属製の版を使い、熱と圧力をかけることによって、箔素材を紙に転写する加工のことです。インキとは違い、きれいな光沢を表現できます。

入稿用のトンボを付けたデザインデータを作成します。

※書体はアウトライン化して下さい。

 

デザインデータ

このファイルを別名で保存し、デザインデータと箔押しデータの2種類同じ書類を用意します。

※データを開かなくても内容がわかるように区別がつきやすいファイル名にして下さい。
※ファイル名は小文字英数、拡張子付きにして下さい。

デザインデータの方は箔押し部分をガイドライン化、箔押しデータの方はトンボと箔押し部分以外全て削除します。

※書体はアウトライン化して下さい。

   
デザインデータ箔押しデータ

出力見本(プリントアウトしたものとPDFあるいはJPEGでの完成イメージファイル)と一緒に入稿して下さい。 

細かい線や小さい文字を使うと潰れてしまうので注意して下さい。