対応アプリケーション

データ作成の注意点対応アプリケーション紙についてWEB入稿について

Macintoshでも、Windowsでもどちらでも対応できます。

Adobe Illustrator (アドビ イラストレータ-)

  • Illustrator 5.5~CC に対応しています。
  • パターンは出力エラーになることがあるので使用をお勧め致しません。
  • イラストレーターCS以降の機能(効果など)はなるべく使わないでください。
  • 配置画像は原寸で使用してください。角度を変えてあるもの、比率を変えてあるものは出力に時間がかかったり、ポストスクリプトエラーになる確率が高くなります。
  • 特色(カスタムカラー)はグラデーション、ブレンドを使っているときは、使用できかねます。(トラッブ処理がしにくいためです)
  • RGBカラーは使用できません。
  • 背景にベタ印刷がある場合、ヌリタシ(ふちのばし)を、天地左右それぞれ3mm以上つけてください。

Adobe Photoshop (アドビ フォトショップ)

  • Adobe Photoshop 5.5~CC に対応しています。
  • 画像解像度は350ppiまでです。
  • 画像は配置して埋め込みをしてください。
  • 画像はPhotoshop EPS形式(.eps)で保存して下さい。
  • 画像モードはCMYKかグレースケール、モノクロ2階調(背景透明オプションは使用できません)を使用してください。DCS形式は単一ファイルでお願いします。ハーフトーンスクリーン、トランスファ関数などの設定は、変更されているとトラブルの原因になることがあります。
  • スポットカラーチャンネルのご使用はお避けください。

その他のアプリケーション

  • Microsoft Word, Excel,PowerPointなどで作成されたデータはそのままでは印刷には使えません。
    こちらでデータを作り変えさせていただくことになります。その際、別途費用が発生します。費用は内容により変動しますので詳しくはお問い合わせ下さい。
  • その他ビットマップファイル(BMP)や、解像度の低い画像ファイルは使用できかねます。
  • 基本的に、Adobe IllustratorかPhotoshopで作成いただきますようお願い致します。

フォント(書体)について

  • フォントは全てアウトライン化してください。

校正見本(データ出力物)

  • データの中身と校正するために、校正見本としてデータの出力物が必要です。
    データ送付の際には、お手数ですが、データの出力物もFAXもしくは郵送などで、必ずお送りください。
  • また、特色の場合は色見本を必ずご指定いただくか(TOYO,DIC,PANTON)、現物見本をお送りください。