下げ札・商品タグ・台紙印刷

捨てるのがもったいない!とっておきたい!
個性が際立つ商品タグ。
下げ札・商品タグ・台紙印刷

歴史・背景

福井県の地場産業である眼鏡枠の生産額は全国の眼鏡枠生産額の96%を占めています。また、サングラス、老眼鏡の生産額も全国の約6割を占めます。福井では、世界最高水準の技術を使った眼鏡が生産されています。

昭和37年、家庭用品の品質に関する表示の適正化を図り、一般消費者の利益を保護することを目的とする家庭用品品質表示法が制定されました。この法律により、サングラスや老眼鏡を販売する為には、材質などを明記した下げ札(タグ)を付けることが義務付けとなりました。

当社は創業より、この眼鏡用の下げ札を作ることを目的として、印刷機や加工機を導入し、印刷・加工のノウハウを蓄積してきました。

高い技術力が自慢!!

下げ札(タグ)を作るためには、印刷機、型抜機、断裁機、穴開け機、などたくさんの機械が必要です。印刷だけではなく、付加価値を高める効果を上げるために、エンボス加工や箔押し加工も必要となります。当社は全ての機械を取り揃え、自社内一貫生産を高いレベルで実現しています。

お母ちゃんパワーのおかげです!!

下げ札(タグ)には、糸や紐やゴムを付けることが必須となっております。糸は機械で付けることが可能ですが、ゴムは人の手でしか付けることが出来ない難しい工程です。当社では、創業より地元の200名以上の主婦の方のネットワークによる『マンパワー』で、このゴム紐付けという難しい内職作業を行なっています。

黒紐・白紐・黒ゴム・銀ゴム・金ゴムが使えます。その他の色(別途費用)も可能ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。

売上実績No.1アイテム!!

眼鏡用の下げ札(タグ)から、アパレル・雑貨などありとあらゆる業界の下げ札(タグ)を作っています。下げ札(タグ)は当社の売上実績No.1アイテムです!!商品を売るために、必要不可欠な下げ札(タグ)のご提案・製作は当社に是非おまかせ下さい。


お得なテンプレートを使った印刷も出来ます!

タグの形は自由ですが、好きな形に仕上げるためには「型」を作る必要があります。この型代のコストを抑えるために、下札テンプレートをご用意しました。下札テンプレートのページには弊社が保有している型の一覧が載せてありますのでぜひご利用下さい。