プリントカット

株式会社サカエマーク

Tel 0778-52-2500

デジタルプリント&カッティングシステム

デジタルプリント入稿から完成まで

デジタルカット加工について

型抜き加工用の罫線を、デジタルカッティングマシーンで切り抜きます。
型代不要で、UVインクジェットプリンターとの組み合わせにより、シール・ステッカー・パッケージ・POPなどの少ロット印刷加工、試作品作りに最適です。

デジタルカット加工料金の計算方法

  1. デジタルカット加工する箇所全体を囲んだ総面積にて加工面積(単位・m2)を計算します。
  2. 加工面積(単位・m2)に必要枚数を掛けます。この数値が0.1m2以下の場合は切り上げて0.1m2とします。
  3. 上記の数値にm2単価【4,000円】を掛けます。
  4. 上記の数値に基本料金【2,500円】を加算した料金がデジタルカット加工料金となります。

【計算式】 仕上がりサイズ縦(単位・m)×仕上がりサイズ横(単位・m)=加工面積(単位・m2)
加工面積(m2単位)×枚数×m2単価【4,000円】+基本料金【2,500円】=加工料金

例

【作業領域】1,100×800mm (最大)、 厚さ5mm(最厚)

デジタルカット加工のデータ作成ついて

レイアウトソフトはIllustratorのみ対応しています。画像データは使用しないでください。
Adobe Illustrator 5.5 ・7.01 ・8.01 ・9.02 ・10.0.3 ・CS・CS2・CS3・CS4・CS5・CC
※当社対応フォント以外は全てアウトライン作成を行ってください。

デジタルカットの原稿を印刷原稿と同座標の全体トンボをつけて別レイヤーで作成してください。

デジタルカット罫の各線幅(カット、スジ罫、ミシン)は0.1mmとして、カット線→K100、スジ押し罫線→C100、ミシン線→M100にて作成ください。

弊社指定のトンボを付けた印刷物を支給していただき、デジタルカットすることも可能です。

サイズにより加工時に1mm~3mmのズレが発生します。

3mm以下の円、かなり鋭角な形状などはカットできない場合がございます。

素材の質・厚みによりデジタルカットできない場合がございます。

入稿データに出力見本(型抜き原稿、可能であれば出力イメージ)を添付してください。データチェック時に参考にいたします。ただし、細部のチェックや校正は行いません。

デジタルプリント価格表

UV(紫外線)硬化インクで印刷しUVランプで瞬時に硬化させるプリント方式です。
様々な素材にそのままプリントできるので、少ロット印刷、試作品作りに最適です

価格表

【作業領域】幅1,600mm 厚さ10mm
【納期】通常3日(※お急ぎの場合はご相談下さい。)

価格はすべて税抜き価格です。別途消費税がかかります。

価格には用紙代金も含まれます。用紙は厚紙コートボール31Kgでの設定価格となっております。

紙、ビニール、アクリル板、スチレンボード、アルミ板など様々な素材にプリントが可能です。
(但し、事前の印刷テストが必要です)

特殊な素材をお望みの場合は別途、素材の料金が加算されます。別途御見積させていただきます。

表面にざらつきがある素材、特殊加工が施してある素材にはプリント不可の場合がございます。

お客様からの資材支給の場合のプリント料金は、上記価格となります。資材支給の場合はなるべく大きいもの(515×364mm以上) をご用意下さい。また、数枚予備も付けて下さい。

両面印刷も可能ですが、価格は上記価格の2倍の価格になります。