蓄光印刷

蓄光印刷

蓄光印刷は光を蓄えて発光する性質をもった顔料インキを利用します。思いがけない部分を光らせたり、明るいところで見えるのは違う絵を暗がりで見せたりと、様々な利用法があります。

光らせたい部分の地色に暗色のベタがある場合は、発光が弱まります。発光の状態は、暗くした直後がもっとも明るく、その後次第に暗くなっていきます。そのため周囲が徐々に暗くなっていくような状況下では発光の効果がわかりづらく不適と言えます。